デイリー歩いて通っていました

わたしは常々、多数駆け回ります。単純に自動車の移動ができないからというのもあるのですが、あるく結果健康になったという過去の経験があるからです。

高校生時期、わたしは往路40当たりかけて学業までデイリー歩いて通っていました。近所のおんなじ学業に通う大学生は、決して一律自転車通学でしたが、わたしはわざわざ足を選びました。

なぜなら、当時住んでいた範囲が平地ではなかったからです。坂道を下るときは自転車は楽です。但し通学路の途中には長い上り坂があり、そこを自転車をこいで登るのはわたしには無理だと思いました。自転車を押して坂道を出るのは、重くてむしろ問題ではないかと思い、足通学にしたのです。たまたま、周囲もおんなじ考えのそれぞれがいたので、何人かでデイリーお話をしながら悠然と歩いて通学していました。40当たりと聞くと長いですが、周囲といったくよくよお話をしながらだとアッという間に学業に到着します。こういうくらしを3通年続けました。

すると、ある時自分が全然容態を崩さなくなったことに気付いたのです。中学までは、ぐっすり感冒をひいたりして階級に何回かは欠席していたのですが、高校生に入ってからはきっと休むことはなくなりました。

わたしは部活は何もしていなかったので、実行といえば体育くらいしかしていませんでした。他に単に体を鍛え上げるようなこともしていなかったので、体が著しくなったとしたらデイリー歩いていることしか考えられないなと思いました。足通学は健康のために始めたことではありませんでしたが、思わぬ魅力があって喜ばしくなりました。

高校生を卒業するって日常的にあるくということがなくなってしまったので、また容態を崩し易い体質に戻ってしまいました。

これではいけないと思い、デイリーについてにはいきませんが、どんどんあるくことにしています。あるくというのは、比較的手軽にやれる実行で、しかも原資もかからないので、愛する運動方法だ。これからも続けていきたいと思います。痛みを止めれるクスリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です